犬の本能

ルビーの介護について comments(0) -

なかなか進まないルビーの介護の様子なのですが…

ルビーが歩いた道のりを今現在歩いているお友達がいるっていうことを知ってしまって

もう、そろそろ記事にしなくっちゃ…と、思って…

老犬の痴呆というか意味を説明できない行動のひとつに徘徊があります。

怪我をしないように保護してあげないと部屋の隅にはまり込み、バックすることができないのでそのままの状態でいつまでも固まってしまうので、安全な場所を確保してあげなくてはいけません。

ちょっとした角でも方向転換できなくなるので、サークル状に囲ってあげると機嫌よくいつまでも歩いています。

ルビーも底を切ったプールの中でクルクル回っていました。

上の動画は去年の8月頃のものです。

ルビーの場合、月単位で筋力の低下が進み、9月には頭の重さを支え切れず、前回りにでんぐり返しをするようになってしまいました。

で、ひっくり返った状態から自分で起きられないので、アンヨをバタつかせて起きたい!歩きたい!と、アンヨから血が出るまでもがくので、この頃に全く目が離せない状態になってしまいました。

とはいっても、お風呂のお掃除もしなくてはいけないし、庭にも出なきゃいけないし、洗濯物も干さなきゃいけないと、いつもルビーの満願成就というわけにはいかないので…

ルビ母が頼りにしたのがこの介護紐。

市販の介護紐も買い求めましたが、体幹の筋力が低下している老犬には使いこなせるものではなく、

お高い商品にもかかわらず、全く役に立ちませんでした。

ルビーも犬のはしくれでして、最後の最後まで歩きたがりました。

すごく嫌がったのが、寝たままおしっこやウンチをすることでした。

ルビーにも犬としてのプライドがあったのだと思います。

リビングではロフトに上がる階段に自在金具のついた紐でこの介護ベルトを吊るし、ルビ母がお台所仕事の間

クルクル回ってもらっていました。

ピアノの部屋では…

市販の室内物干しを利用して過していました。

このルビーの姿を見るたび、なんてダメは飼い主なんだろうと涙がこぼれますし、

でも、こうするしかなかったという現実の辛さも思いだすとこみ上げるものがありますし、

動画のルビーを見ていると、なんてけな気な子なんだろうと、また涙がこぼれます。

犬が歩けなくなるまでの過程をはたで見ているということは本当に辛いものです。

でも飼い主以上に犬の方がもっと歩けないことに戸惑っていると思います。

何回もコテンコテンとこけてしまうと同じところを何度も打って、それが原因で床ずれになってしまうのです。

床ずれって必ずしも寝たきりの子だけがなるものではないと、学習したのも病院の待合室で一緒に頑張っていたワンちゃんからでした…

晩年、共に闘ったルビーとルビ母ですが、この介護紐なしではとてもとても乗り越えることはできませんでした。

この介護紐は今でもルビ母の大切な宝物としてルビーの宝物箱に入っています。

ピンクのドットと花柄の可愛い介護紐、ルビーよく似合って可愛かったです!

ルビーの指定席

ルビーの介護について comments(10) -

ルビーの座っていた椅子…主を失った椅子は

ルビーだけがいなくなった状態で、今もそのまま置いてあります。

クッションだらけ〜って、びっくりされるかもしれませんが…

晩年のルビーは椅子の中で座った姿勢を保つことができなくなっちゃって

ひとつまたひとつとクッションが増えていきました。

いつのまにか写真の通りで、椅子の中はクッションだらけになっていました。

それでもルビーはみんなと一緒にご飯が食べられることが大好きで、

勢い余って汚れ防止に首から下げていたハンドタオルまで食べちゃってました〜!

この椅子はルビー、14歳の誕生日のプレゼントに家具屋さんに作ってもらったものです。

使いこなせるかな〜?って、ちょっと心配でしたが、

そんな心配は全く無用で、ルビーの指定席になりました!

カートの中ではU字型のクッションで体を支えてお散歩していましたが、

晩年の半年ほどはカートも厳しくなってしまいました…

ルビーができないことがひとつまたひとつと増えていくのはすごく寂しかったけど

失った分だけ、ルビーとルビ母の距離はグイグイ近づいていって・・・

ルビーを懐に抱いてお散歩するのは最後まで残された楽しみの一つでした…

上の写真は2月1日、ルビーとルビ母の最期のお散歩となった写真です。

寒い日で…途中でショールを取りに帰ってルビーをショールで包んで歩きました。

ルビーが立てもお世話になったたくさんのクッション、そのほとんどがブログでお友達になったみなさんからのプレゼントでして…

まさしくお友達の愛情に支えられていたルビーとルビ母でした〜

ありがとうございました!

病院のこと

ルビーの介護について comments(0) -

今日は病院のことをちょっと。

ルビーは3か所の病院にお世話になりました。

1歳から4歳はアメリカで過したのでアメリカの病院まで数えると4か所になりますが、

その頃のルビーはすご〜く元気で、病院には爪切りやワクチンの注射でお世話になるだけでした。

多くの飼い主さんがそうそう〜って、うなづいていらっしゃることと思いますが

たいてい具合の悪くなるのは病院が休みだったり、夜中だったり、お盆とお正月だったり…

ルビーの場合も都合の悪い時に限って事件は起きました。

具合の悪いルビーを抱えてオロオロすることがないようにルビ母、休診日の違う2か所の病院を押さえていました。

ルビーが4歳からお世話になっていた病院の先生は体調を崩されてしばらくお休みされていたのですが、深夜でも見てくださる先生で、ルビーも何度お世話になったことか…農薬事件っていうのもあったしね〜

先生が入院中でも、時々顔を出して、看護婦さんに遊んでもらっていました〜

ルビーもここの病院にはすっかり慣れていて、怖くないもんね〜って、我がもの顔で診察室を走り回って、おやつをもらっていました。

↓の病院は12歳の子宮水腫の手術から晩年にかけてお世話になった病院で、

ここの病院に通う道すがらお花屋さんとも友達になり、昨日の記事の武蔵君とも友達になりました。

ルビーの最後を見守ってくださった病院は思い出深いものになりましたが、

ここの病院も、夜中でも具合が悪くなったらご連絡ください!って、言って下さる病院で、

1日1日を精一杯生きていたルビーには心強い対応をしていただいて、本当に助かりました。

16年と半年という長い生涯でしたが、結局、具合の悪いルビーを抱えて右往左往することは一度もありませんでした。

夜中のトラブルにも対応してもらえてルビーもルビ母もラッキーだったと思います。

二つの病院をかけ持つことは気兼ねもあり、なかなか難しいことかもしれませんが、

老犬には休診日の違う病院を2か所おさえておくと、きっとよかったと思うこともあると思います。

そしてもう一つ、先生に夜間の対応を確認して24時間どの時間にも手落ちがないように万が一に備えることが大切だと思います。

お座り、忘れたわけじゃないよ〜

ルビーの介護について comments(0) -

この写真は去年の5月に撮影したものです。

この頃にはルビーは自分でお座りの姿勢を保っていられなくなりました・

少しでもルビーの負担をなくして今までの姿勢を保てるようにと、ルビーの椅子の中にクッションをたくさん入れてルビーを支えています。

カートの中でもお座りができなくなって、

U字型のクッションでルビーを支えています。

パッと見ゴージャスなマダムのようですけどね〜

色々できないことが増えてきたルビーですが、

カートの中でアンヨを片方フレームにかけてルビーなりにバランスをとっているんです。

可愛いというか、エライというか…

ルビーもなかなかやりますよね!

ルビパパがいる休みの日にルビーをルビパパに頼んで買い物に出かけても、

ルビーの役に立つものはないかな〜って、そればかり考えてお買い物していたような気がします。

ルビーのためのお買い物は本当に楽しかったな〜

いつまでも可愛いんだよね〜

ルビーの介護について comments(16) -

昨日の記事と同じ頃、4月20日前後のルビーの様子です。

自分でタッチしたりお座りしたりしていると、バランスを崩すこともありましたが、

こうしてルビパパに抱っこされている様子を見ると、まだ自分の意思をしっかり伝えることができたし、

まだコミュニケーションが成立していたんだな〜って思います。

ルビーの場合、もちろん日によって体調にも波がありましたが、意識のレベルにも調子の波がありました。

動画の様子から、この日はすごく調子のいい日で、カメラを構えるルビ母に動きづらくなったお手手を動かして

おかシャンも一緒に遊ぼう!って、ルビーが誘っている気持ちがルビ母には伝わってきます。

少しづつアイコンタクトがとれなくなってきたのですが、それは、ルビーが”こうしたい!”と、思わなくなったからなのか、

それとも思ったこと、したいことが上手く伝えられなくなったからなのか、どっちだ〜?って、考えたことがありました。

でも、そんな時病院で検査のために看護婦さんに抱っこされた途端、フ〜ン…って、ルビーが情けない声を出すことがあって、

あ〜、ルビーはわかっているんだ…って、ただ嫌なこと嬉しいことを表現することができなくなっているだけなんだ…って、ルビ母に気付かせてくれました。

もし、老犬でボーっとしているワンちゃんを見かけたら、可愛いねって、声をかけてあげてください。

喜びを表現できなくても、すごく喜んでいるはずです。

最近可愛い〜って言ってもらえないけど、どうしてかな〜?って、思っていると思います。

ルビ母も、もっとルビーに可愛いね!って、言ってあげたらよかったな〜って、今更ながら思います。

もうお話してもいいかな?

ルビーの介護について comments(18) -

新しいカテゴリー、ルビーの介護についてを追加しました。

ルビーの生きている間は、ルビーのプライドもありますし、ご紹介出来なかった詳細についてボチボチお話していこうと思います。

ルビーは介護なんて関係ないも〜ん!って、お顔していますが、

ルビーとルビ母の経験がもしかしたら何かのお役にたてることもあるかも…とも思いますし、

自分の脚で立てなくなって半年、ルビーの頑張りもご紹介しなくては…と、思いまして少しづつ思い出しながらご紹介します。

今日の一連の写真、動画はすべて2011年4月18日に撮影したものです。

ご覧の通り、ルビーの体幹の筋力の衰えが著しく感じられるようになりました。

ご飯をタッチして食べることは、もうすでにできなくなって、ルビーはルビーなりに工夫してお座りしてご飯を食べるようになりました。

たび重なる前庭障害の後遺症で、日頃から眼振があったルビーは平行感覚にもすでに問題がありましたので、

首にも斜頸がありまして、まっすぐ体を保つことができなくなってしまいました。

バッチフラワーのレスキューレメディと記念撮影しているところを見ると、

もう、この頃には後々ルビーの体力を摩耗させ、ルビ母を精神衰弱に追い込んだルビーの不眠症状、錯乱症状が現れていて、

様子を見かねたCOOさんやCOOCOさんがレスキューレメディをプレゼントしてくれました。

COOさんのブログはこちら→ http://hesotencoo.blog.fc2.com/

COOCOさんのブログはこちら→ http://cootanpi.blog49.fc2.com/

ルビーの不眠、錯乱についてはルビーの人生最大の悲劇的な出来事でしたので、また別の機会にご紹介します。

ルビ母に抱っこされて、安心しきったお顔のルビーですが、かろうじて自分の脚で歩くものの、

回転運動、もしくは意味不明の徘徊が始まっていて、目を離すと狭いところにはまり込んでしまうので、

目が離せない状態でした。

シッターのお姉ちゃんに来てもらうようになったのも去年の3月からでしたし、

もう一人では置いておけない状態が始まっていました。

ちなみにですが、バッチフラワーレメディのレスキューレメディについて、

新聞、報道では効果無しと、位置づけられているようですが、ルビーの場合はどうだったかというと…

錯乱状態に陥った時に使っても全く効果は感じられませんでしたが、

花の蜜のような味がするのがおいしいようで、お口にスプレーすると、お口の周りをペロペロして落ち着いてしばらくすると寝るようなこともたびたびありました。

効果があったのか、なかったのか?と、聞かれるとなんとも言えませんが、

藁をもつかみたいほどひどい状態の時に使えるものがあるという意味では、本当に助けられました。

無料ブログ作成サービス JUGEM