ルビー、おばあちゃん来てくれたよ!

それから… comments(10) -

この週末、ルビパパのお母さんがルビーに会いに来てくれました。

お正月明けに一緒に食卓を囲んだのがルビーがおばあちゃんに会った最後になりました。

その時の写真を見るとやはりルビーはかなりしんどそうです。

毎日見ている時には気がつかなかったけど、時間を追ってルビーの写真を振り返ると

よく年を越せたな…って、思います。

おばあちゃんがお花を切らすことがないように!って、プレゼントしてくれたプリザーブドフラワー。

ルビー、おばあちゃんが来てくれたよ!よくケーキ買って来てくれたよね!覚えてるよね!

おばあちゃん、どうもありがとうございました!

長い間可愛がってもらってルビーは幸せでした。

コメント一覧

おばあちゃん!素敵なものをご存知ですね。プリザーブドフラワー!きれいですよね。今、自分でデザインして作れるんだそうですね。バンドの人が、そのお店をやっていて先日、TVにその店が出ましたが、お店の名前も、バンドの人も一切出なかった‥‥変なの!?とみんなで、言ってたんですよ。ガハハハ‥‥いかん!話しが全くそれちゃった!ルビーちゃんは、ホントに多くの人に愛されてましたね。それは、ルビ母さんのお人柄もありますね。

  • ラッキーパパさん
  • 2012/03/20 8:14 AM

ルビーちゃん 長野からおばあちゃんが来てくれたね〜長野のおばあちゃんも ルビーちゃんのblogによく登場してくれたし、思い出がいっぱい☆ルビーちゃんの大好きなおとシャンのお母さんだもん、元気で長生きしてくれるように 見守ってあげてね、ルビーちゃん♪

  • こまいぬさん
  • 2012/03/20 9:00 AM

おばあさまもお辛いでしょうね。「おばあちゃん、大好き」ってお顔ですね。「わ〜い、抱っこだぉ」って可愛いお顔して〜☆私も晩年は意思の疎通が難しかったと感じます。耳も目も悪くなり状況がよく分からなければ怖さが増すかもしれませんね。ただ、クッキーは嫌いなこと(お口拭き、足拭き等)をされている時だけは、大声で主張していました。鼓膜をつんざくような渾身の「ワン!!」でした。相当嫌いな事だったのかもしれませんが。終盤は家族の事が分かっていたのかな・・と考えると悲しくなります。本当にもっと可愛いって言っておけば、、の気持ち分かります。

  • くまこさん
  • 2012/03/20 4:24 PM

お客様大好きなルビーちゃん、おばあちゃまが来て下さって大喜びだったことでしょうね〜。抱っこされている画像でも、嬉しそうなお顔ですものね〜。(*^o^*)ルビーちゃん、クリスマスのケーキを目標にして、お節のお豆を目標にして…と、次々とその目標をクリアして、本当に頑張っていましたよね!空も旅立つ日の雪だるまとの記念撮影写真を見ながら、あの時は気づかなかったけど、一生懸命無理して笑ってくれてたのかも…しんどかったのかなぁ…ってポロリ涙が流れてしまいます。

  • Cooさん
  • 2012/03/20 7:19 PM

ルビーちゃん、大好きなおばあちゃんが来てくれて、喜んでるでしょうね〜♪抱っこされて得意気なお顔のルビーちゃんが可愛いです〜おばあちゃんも、京都に来てもルビーちゃんがいなくて、寂しいでしょうね・・小さいけどルビーちゃんの存在は大きかったですもんねルビーちゃん、お空から戻っておばあちゃんに甘えたかな〜?

  • coocoさん
  • 2012/03/20 10:34 PM

★ラッキーパパさんプリザーブドフラワー、リアルだしきれいだし長持ちするし〜その分とてもお高いけど、ルビ母としては大助かりでとても嬉しいプレゼントでした。おばあちゃんも実際に小さくなったルビーに会って、ちょっと寂しそうでした…ルビーもおばあちゃんが大好きだったもので…もう一度会わせてあげたかったです。

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/20 11:09 PM

★こまいぬさんルビ母の両親もルビパパの両親もまだ健在なので、もしルビーの介護中におばあちゃんたちの誰かにトラブルがあったらどうしよう…って、ルビ母は心配していたのですが、なんとかそういう最悪の事態にならずにすみました。これもみんなの頑張りのおかげです。ルビーがいないのは寂しいですけど、ルビー家としてはいっぱいいっぱいだったのかもしれません…

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/20 11:12 PM

★くまこさんクッキーちゃんも晩年は大変だったものね…ルビ母もルビーと密接なコンタクトが取れなくなって2年ほどになります…糖尿や前庭障害で脳の機能に何らかのダメージがあったんだと思います。ルビーはとてもおきゃんな子だったので、だんだんルビーが遠くなっていくのは本当に寂しかったけど、それでもいてくれるありがたさはルビ母には絶大でした。その間、ルビーを苦しませてしまいましたけど…ルビーも多分許してくれていると思います。

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/20 11:18 PM

★COOさん空ちゃんは亡くなる前、苦しがって夜寝ないなんてことはなかったでしょうか?癌の末期の子たちは肺に腫瘍が転移して呼吸が苦しくなって亡くなる2日ほど前からはなかなか寝れないし、そばについている飼い主もなかなか寝かしてもらえないと聞いていましたし、ルビーもそうでした。もし、空ちゃんがそんなことがなければ、きっと抗がん剤の効果があってQOLを保つことができた成功例と考えてもいいのではないでしょうか?空ちゃんの晩年は悪性リンパ腫という大きな病気はありましたが、それまでのてんかんの苦しみから解放されて穏やかな時間が用意されていたように思います。それが空ちゃんとCOOさん、お母さまへの神様からの最大のプレゼントだったように思えますが、どうですか?

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/20 11:24 PM

★COOCOさんルビーの頑張る様子におばあちゃんやご近所のおばちゃんたちが自分の将来の姿を重ねていたようで、おばあちゃんもルビーの死に対してとても他人事とは思えない気持ちがあったようです。ルビーもおばあちゃんが大好きだったので、この場にいないことがとても寂しかったです。 -----

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/20 11:28 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM