いつまでも可愛いんだよね〜

ルビーの介護について comments(16) -

昨日の記事と同じ頃、4月20日前後のルビーの様子です。

自分でタッチしたりお座りしたりしていると、バランスを崩すこともありましたが、

こうしてルビパパに抱っこされている様子を見ると、まだ自分の意思をしっかり伝えることができたし、

まだコミュニケーションが成立していたんだな〜って思います。

ルビーの場合、もちろん日によって体調にも波がありましたが、意識のレベルにも調子の波がありました。

動画の様子から、この日はすごく調子のいい日で、カメラを構えるルビ母に動きづらくなったお手手を動かして

おかシャンも一緒に遊ぼう!って、ルビーが誘っている気持ちがルビ母には伝わってきます。

少しづつアイコンタクトがとれなくなってきたのですが、それは、ルビーが”こうしたい!”と、思わなくなったからなのか、

それとも思ったこと、したいことが上手く伝えられなくなったからなのか、どっちだ〜?って、考えたことがありました。

でも、そんな時病院で検査のために看護婦さんに抱っこされた途端、フ〜ン…って、ルビーが情けない声を出すことがあって、

あ〜、ルビーはわかっているんだ…って、ただ嫌なこと嬉しいことを表現することができなくなっているだけなんだ…って、ルビ母に気付かせてくれました。

もし、老犬でボーっとしているワンちゃんを見かけたら、可愛いねって、声をかけてあげてください。

喜びを表現できなくても、すごく喜んでいるはずです。

最近可愛い〜って言ってもらえないけど、どうしてかな〜?って、思っていると思います。

ルビ母も、もっとルビーに可愛いね!って、言ってあげたらよかったな〜って、今更ながら思います。

コメント一覧

そうなんですね。ラッキーは、まだまだ大騒ぎしますが、昔ほど、よろこび具合が激しくありません。これは、人の場合でも同じですよね。ルビーちゃんも、人と同じですね。ルビーちゃんのお話を聞くと、人の介護にも通じることろがありそうで、とても、参考になります。

  • ラッキーパパさん
  • 2012/03/17 9:12 PM

ホントだ〜、動画のルビーちゃん、お手手をチョイチョイしておかシャンを誘ってますね♪しっかりお目目でも訴えているし、可愛いなぁ…。(*^o^*)パピーの頃はチョコチョコ存在自体が可愛いんだけど、まだお互いに意思の疎通が出来ていないのが、5年10年と一緒に同じ時間を重ねていく中で、言葉をおぼえて、アイコンタクト、身振り、いろんなことでしっかりコミュニケーションがとれるようになって、その子の存在感がどんどん増していきますよね。それが年を重ねてコミュニケーションがとりにくくなったとしても、わんこはちゃんと分ってるんですね…!空で経験することはありませんでしたが、ルビーちゃんが教えてくれたこと、しっかりおぼえておいて、シニアなわんこに出会ったらたくさん可愛いね!って声をかけてあげようって思います。

  • Cooさん
  • 2012/03/17 11:05 PM

ルビーちゃんにはおかシャンの気持ちがとてもよく伝わってたと思います。いつも何事にも一生懸命だったもの!ルビーちゃんには言葉じゃなくても大好きだよ!可愛いね!っていつも感じていたことでしょう…目力が物語ってくれてますよ…ねっ!ルビーちゃん!

  • 岡山犬さん
  • 2012/03/17 11:08 PM

動画のルビーちゃん、可愛い〜〜(*^_^*)「おかシャン、ルビーとあそぼう〜ルビーのことだっこするですよ〜」って言ってたのかな〜可愛すぎます〜(≧▽≦)犬も年とともに表現が下手になったりするんですよねボーっとしてても、ちゃんと聞いてるんですよね〜!ヒデッチさんが「ケーキにしましょう〜」って言ったとたん、ルビーちゃんやる気満々になってたし(*^m^)おかシャンは、いっぱい声をかけてくれて、ルビーちゃん喜んでたと思います〜

  • coocoさん
  • 2012/03/17 11:52 PM

こんばんは〜この頃のルビーちゃん、実は大変だったんですね。。。一生懸命ルビ母さんに話しかけようとしている姿が意地らしいですね。そんなルビーちゃんが可愛くてしょうがなかったでしょう。やっぱりルビーちゃんはみんなのアイドルです!可愛いよなぁ〜クゥちゃん達と出会って、あちらでも人気者になってますね。

  • まめチチさん
  • 2012/03/18 10:07 PM

ルビーちゃん おかシャンあそぼ〜って誘ってますね〜一生懸命お手手動かして かわいいなぁやっぱりルビーちゃんはかわいいです!!そう…ビッケもそうでしたうまく表現ができなくなってきちゃうんですよねビッケがどうして欲しいのかを考えながら手探り状態の介護だったので ビッケが満足してくれたかどうか??もっとやってあげられることがあったんじゃないかなぁと 今でも思ってますそう考えると涙が出ちゃうんですよねぇ介護の記録…素晴らしいことだと思います私もビッケにしていたことが どなたかの参考になれば…とは思うんですけどねぇうまく書けないんですいつか 私もビッケのいろいろを記事にできれば良いなぁと思ってます

  • bimaままさん
  • 2012/03/19 2:23 AM

ルビーちゃんを追いかけている気がします。昔ほど騒がないけど、騒ぐときに「大好き、大好きって言われたらどうするんだっけ?」と言うと我慢します。何より大好きって言われるのが好きだから。ちょっとづつ反応がなくなるけど毎日、大好き、可愛いね、って伝えていきたいです(^-^*)先週ちょっと具合が悪かったので心配していたんですが病院にいったら250g増加。今度は少し抑えないと足に負担が…

  • じゅなさん
  • 2012/03/19 7:02 AM

★ラッキーパパさんパパさ〜ん!!ラッキーちゃんはよくわかってると思いますよ〜だって〜心臓が悪いのに、若いころの勢いで騒いだら大変だもの〜まだまだ十分お散歩ができるんだもの、ラッキーちゃんは大丈夫です!

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 9:42 AM

そうなんですよね〜〜意思伝達が年齢がいくほど難しくなりますね。耳が聞こえなくなったり目が見えなくなったりと直接的な原因もあるでしょうが そんな中でも触って撫でてあげてだっこしてあげて大好きだよ〜〜っていつも伝えてあげることはとっても大事だと思います!!

  • chiemomさん
  • 2012/03/19 9:43 AM

★COOさん空ちゃん13歳だったものね…やっぱり13歳は若かったな〜って、振り返って思います。いろんなことが理解できて、でも体の方はボチボチ思いやってやらないといけなくなって…飼い主との距離がグ〜ッと近くなる時期ですよね〜

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 9:48 AM

★岡山犬さんルビーの目や表情からルビ母が感じ取っていたものは、なんだったのかな〜?って、時々思うのです。いまだに確信はないのですが、ルビーはいつも私のことちゃんと見てる〜?考えてる?って、ネェネェ〜って、迫ってくる感じが懐かしいな〜

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 9:54 AM

★COOCOさんそうでしたね〜ケーキになると俄然やる気になってたものね〜ケーキ、大好きでした〜今ルビ母はケーキ屋さんで、イチゴショート見て泣いてる変なおばさんですけど〜

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 9:56 AM

★まめチチさんそうですね…糖尿になってから4年とちょっと、後半の2年間はルビーが大変そうで、最後の半年はルビーとルビ母の生活は壮絶だったと思います。そんな中にも嬉しいことはたくさんあったし…ホントにいい思い出なんですよ!

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 9:58 AM

★bimaままさんビッケちゃんの後を追うようにルビーの様子が変化していったので、ビッケちゃんの様子はルビ母にとってとても参考になりました!そんなふうにルビーのことも参考になるといいな〜って、思って少しづつ書いていこうと思います。またビッケちゃんのこと色々教えてくださいね!

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 10:00 AM

★じゅなさん250g増加!ですか〜ポメはどうしてもアンヨが弱いから体重管理は大切ですよね。でもね、太れるということは心臓の機能とか体全身の状態はまだまだ余裕があるっていうことなので、サクラちゃんにはまだまだ年単位で大丈夫だと思います。太れるっていうことはスゴイことなんですよぉ〜

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 10:04 AM

★CHIEMOMさんルビー、撫でてもらうことが大好きだったのに…最後の1年ほどは撫でられることが嫌だったみたいです。多分、糖尿の神経障害で体が痛かったんじゃないかな〜って、思います。その前まではヨシヨシして〜って、言って来ていた子なのに…何があったのか、聞いてみたかったです。 -----

  • ヒデッチさん
  • 2012/03/19 10:07 AM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM